看護師向け

【新人看護師向け】新人看護師がやるべき3つのこと

皆さん、こんばんは!

今週も1週間お疲れ様でした。

そして新人看護師の皆さん、社会人1週間目お疲れ様です。

来週から実際に病棟勤務の方が多いのではないかなと思います。

何をして良いのか不安な方もたくさんいらっしゃると思うので、

この3つを実践してもらえたらと思います。

新人看護師がやるべき3つのコト

結論から先に言います。

  • 元気に笑顔で挨拶
  • とにかくメモを取る
  • 出勤できた自分を褒める

まずは、1ヶ月これが出来たら100点です!

この3つが大切な理由をそれぞれ解説していきます。

元気に笑顔で挨拶

これは説明不要かもしれませんが、
コミュニケーションの基本は挨拶からです。

そして、新人として配属されたあなたを見る第一印象は”顔”です。

この2つを合わせると、元気に笑顔で挨拶という風になります。

これをまずは1ヶ月続けてみてください。

元気に笑顔で絵挨拶が習慣となれば、最強です。

たかが挨拶、されど挨拶です。

ぜひ、意識してみてください。

とにかくメモを取る

配属後に驚くことが、覚えることの多さです。

先輩方から教えてもらう内容はメモしてないと

次から次に説明があるため、前の内容は一瞬で忘れます。笑

メモすることすら間に合わないこともあります。

何のことを言っているのか分からないこともあります。

それでもいいんです。とにかく、メモを取りましょう。

メモが大切な理由は2つあります。

  • 教えてもらったことを忘れないようにする
  • 相手の信頼を得ることができる

先輩方は自分の仕事と教育を平行しながら働いています。

貴重な時間を使って指導してくださっているということを忘れてはいけません。

何度も同じ質問をしなくて済むように、しっかりメモを取りましょう。

”メモを取ること”が

仕事熱心な人・向上心がある人

という印象を与えることができます。

ぜひ、メモ取りを頑張ってみてください。

出勤できた自分を褒める

私は、これ本当に大切なことだと思います。

仕事に行くことは”当たり前”と誰もが思っています。

しかし、学生生活が終わって急に社会人生活が始まった新人看護師さんにとって

社会人が大変なことを初めて知ると思います。

私にできるのかな?私にはできないことばっかりと

非感的になることもあると思うのです。

なので、自分でしっかり褒めてあげてください。

”出勤することができた”ということは、社会人としての立派な成功体験です。

自分で成功体験を作っていくということは、これからとても大切になっていきます。

ぜひ、下手褒めしてあげてください。

以上が新人看護師さんがやるべき3つのコトでした。

どうでしたか?

きっと難しいことはなかったと思います。

難しくはないのに、人間関係や自分のモチベーションに与える影響は絶大です!

参考になれば嬉しいです。

今週もお仕事お疲れ様でした。また、来週から一緒に頑張っていきましょう。