看護師向け

看護師の働くことができる場所【転職】

皆さん、こんにちは!

本日コロナワクチン2回目を接種し、すでに筋肉痛の副作用で肩が上がらなくなっているアラサー現役看護師です。

今日は、”看護師が働くことができる場所”といったテーマでお話しをしていこうと思います。

ナースちゃん
ナースちゃん
病院でこんなに忙しく働いたり、夜勤の生活にも疲れてきたな〜。そろそろ転職しようかな〜
アラサー現役看護師
アラサー現役看護師
病院勤務から一旦離れてみるのもいんじゃない?
ナースちゃん
ナースちゃん
え、でも、病院やクリニック以外思いつかないんだよね〜

看護師として”病院”で働くことを第一選択肢として考えてしまう方が多いのではないでしょうか。

・病院勤務はきついから辞めたいけど、転職活動の候補が浮かばない
・看護師の資格は活かしたい
・スキルアップのために様々な分野でチャレンジしてみたい

このような悩みを持っている方の解決策になるような内容にしています。

大半の看護師が働いている場所

看護師が働いている場所と聞いて1番に浮かぶのは病院やクリニックが多いですよね。

大半の看護師の方は、看護師免許取得後に病院勤務になることが多いと思います。

病院やクリニック勤務は、業務量も多く拘束時間も長いです。
(看護師の業務内容に関しては別記事を書いてますのでそちらをご覧ください。)

精神的にも肉体的にも疲労が蓄積され、転職を考える方も多いと思います。

看護師が働くことのできる、病院やクリニック以外の場所

看護師として働くことのできる場所は、

・テーマパーク等の救護室
→ナースキャストとしての採用。救護室で体調不良者や怪我人の対応を行う

・保育園や幼稚園
→園児の健康管理、応急処置を行う

・企業の看護師(産業看護師)
→大手企業メーカーや製薬会社に勤めている従業員の健康指導、健康相談を行う

・治験コーディネーター派遣サービス会社
→病院で行う治験のサポート

・ツアーナース
→旅行会社や修学旅行に同行し健康管理を行う

・献血センター
→献血ルームで採血を行う

このようなところで看護師を募集しています。

最後に

病院以外で活躍できる場所が他にも沢山あることは分かりました。

転職を探すときに、自分にとって第一条件は何かを考えることっがとても大事だと思います。

例えば、やりがい・給料などです。

その中で病院を含め、働く場所を選定していくことができたら良いのではないかなと思います。

是非自分の理想とする職場や働き方を見つけてみてください!