看護師向け

【看護師の基礎知識】2交代夜勤のタイムスケジュール

皆さん、こんにちは!

今日は看護師の内容についてお話ししたいと思います。

初めに、私のプロフィールはこちらをご覧ください↓

看護師を目指している方や看護師の方と関わる方が多い方は特に夜勤について一度は気にしたことがあるのではないでしょうか。

看護師の夜勤はきつい
看護師の夜勤は長い

このような話はよく目にしたり、耳にしたりすることが多いですよね。

今回は実際に私のタイムスケジュールに沿ってお話ししていきたいと思います。

2交代夜勤

まず始めに2交代夜勤のお話しからです。

2交代制とは、1日の勤務時間を「日勤」と「夜勤」の2つに分けて、シフトを割り振る勤務形態です。

日勤:08:30~17:30
夜勤:17:00~9:00

患者さんの夕食前の16時〜17時に出勤し、翌朝9時〜10時に退勤するのが一般的です。

勤務時間中に仮眠休憩を取り、1回の勤務で”16時間程度”の労働となります。

仮眠にいけることもあれば、いけないこともあり16時間ノンストップで夜勤するとなるとかなりの重労働になります。

実際のタイムスケジュール

16:00~16:30 出勤 
17:00 日勤看護師との引き継ぎ 
17:30 巡回(ラウンド)、カルテ整理、点滴交換 
18:00 配膳、食事介助
18:30 配薬、口腔ケア 
19:00 検温、血圧測定、おむつ交換、体位交換 
20:00 夕食休憩(30分) 
21:00 消灯、巡回(ラウンド)、おむつ交換、体位交換、カルテ記載
2:00 仮眠 
4:00 巡回(ラウンド)、おむつ交換、体位交換、資料整理 
6:00 起床、検温、点滴交換 
7:00 配膳、食事介助 
7:30 与薬、口腔ケア カルテ記載 
8:30 日勤看護師との引き継ぎ 
9:30 退勤 

大まかにこのような流れになります。17:00〜0:00までの間は術後の方が帰ってくることが多いので、術後の患者さんのお迎えや

点滴整理、観察等もあります。

また、緊急入院があれば入院受けなどの業務も並行しながら通常業務をこなしていきます。

もちろん、患者さんからの訴えもあるのでその都度、話を聞き対応していくため16時間も以外とあっという間に過ぎます。

最後に

夜勤は長く、きついこともありますが、夜勤手当もあります。

もしろ夜勤手当てがないと給料がかなり低いです。

16時間乗り切れば翌日は休み!と切り替えて一緒に頑張りましょう✨

では、また明日!