看護師向け

人間関係を上手くやっていくコツ3選/看護師

皆さんこんばんは!

今日でGW前のお仕事が最後だった方も多いのではないでしょうか?

連休前夜はもう遠足気分ですよね!

病院勤務の看護師はGW等関係ない方が多いと思いますが、私も気分だけでもGWを味わいたいと思います✨

私のプロフィールはこちらをご覧ください↓

では早速本題に入っていきたいと思います。

看護師をしている方で「辞めたい」という悩みの原因1位は「人間関係」といっても過言ではないと思います。

人間関係の悩みは看護師だけではなく、どの職業にも共通している「悩み」ですよね。

人間関係が悪ければ辞めることも考えるし、人間関係が良ければ仕事が楽しいと思えるといったように

人間関係が仕事に与える影響はとても大きいと思います。

約12年間看護師として働いて、人間関係を作るのが上手いな〜って思う方に共通していることを見つけたので書いていきたいと思います。

人間関係を上手くやっていくコツ

まずは結論からです。

・笑顔が多い。不機嫌じゃない
・芯がある
・向上心がある

では、1つずつ説明していきます。

笑顔が多い

笑顔が多いというのは、ヘラヘラしていることとは違います。

笑顔でいるということは職場の雰囲気も柔らかくなり、良い雰囲気は周りに伝染します。

例えば、話しかけても無表情や返事がそっけない、イライラしている等、負の感情を見せていないことが多いです。

「人間最大の罪は不機嫌である」とい言葉があるように、負の感情も伝染し職場の雰囲気を悪くします。

人間関係が上手くいっている人は、不機嫌でいることがほとんどありません。

笑顔、機嫌は意識すれば自分でコントロールできることです。

顔(表情)はコミュニケーションで90%を占めると言われてます。ぜひ意識してみてください。

芯がある

看護師はコミュニケーショん、チームワークありきの職業です。

単独行動で1日の業務が完結することはほとんどなく、他職種も含めコミュニケーションを沢山取る必要があります。

人と関わる時間が多い分、不満や葛藤は付き物です。

色んな方が働いているので、それぞれの価値観や看護観があって当たり前です。

他人の意見などに柔軟に対応できるしなやかさを持っているのと同時に、自分の価値観、看護観などの芯があります。

看護師同士の愚痴に関しても同じことが言えます。共感や傾聴をしていても深いところまで入り込まず、一線を置いてます。

私も愚痴を聞くのは好きではないため、愚痴になりそうになったらフェードアウトします。

愚痴を聞くことは労力を奪われることに加え、自分が感じた感情ではないのに何故か自分も嫌な気持ちになります。

芯を持つということは難しいかもしれませんが、自分を大切にすることに近いのかなと思います。

向上心がある

向上心というのは、仕事に対する真剣さややる気とも言い換えることができると思います。

そういった人を先輩達は絶対に放っておきません。

持っている知識を与えてくれたり、無意識のうちに働いている姿を目で追ってます。

先輩達はその向上心に良い刺激を与え、さらに向上心を高めてくれます。

相乗効果で人間関係が上手くいくのも分かりますよね!

最後に

最初にお話しした「笑顔」については自身の意識で変えることが可能です。

明日からでもできます。

是非チャレンジしてみてください!

私も明日から広角を更にあげて、頑張りたいと思います。

では、皆さん素敵なGWをお過ごしください✨