看護師向け

派遣看護師に向いている人/実際に求められること【看護師向け】

以前、看護師の働き方には色々な種類があるというお話をしました。

その中の1つである派遣看護師を経験してみて、実際に求められたコトについてお話して行きたいと思います。

これから派遣看護師をしてみたいと思っている方や派遣看護師に興味のある方の参考になれば嬉しいです。

派遣看護師に求められること

求められることはズバリ・・・

①必要最低限の経験や能力が必要
②即戦力

です。

「派遣看護師は自由に働く場所を選べて、短期雇用になるため自分の都合の良い時に働くことができる」といった部分から、「自由」というイメージが強いと思います。

しかし、派遣先では”即戦力”として働くことが求められることを忘れてはいけません。

派遣看護師については ↓ にまとめてあるのでそちらをご覧ください。

以上2点です。

必要最低限の経験や能力が必要

派遣看護師をする上で経験年数を聞かれます。看護師歴に加え今までどのような経歴があるのかなどです。

何科に所属していたのか、リーダーや管理業務を行なったことはあるのか等です。

経験年数が浅いと派遣会社側からNGが出ることもあるようです。それは派遣スタッフに対する教育は必要最低限になっていることがあげられます。

新人教育やローテ教育のように手厚い教育時間などありません。

私も1週間で業務に慣れ、2週目からは通常通りの受け持ちで業務を始め、2ヶ月目からは夜勤に入ってました。

即戦力として扱われる

上記の内容からつながる部分はありますが、派遣先では何らか事情があり人手不足になっているから派遣看護師を募集しているわけです。

そのため派遣看護師は即戦力となり、働くことが求められます。

私も初めても派遣看護師を経験し、びっくりするほど独り立ちが早かったのを覚えています。

スタッフとの関係性を作ることより、仕事の独り立ちを優先されます。

仕事においても、人間関係においても、そつなくこなしていくような感覚です。

向いている人

派遣看護師として働くことが向いている人はある程度の経験年数と知識があり、職場に順応していく力がある人が向いていると思います。

派遣看護師として求められるものは大きいですが、正社員と違った良さがあるのも事実です。

生活スタイルに合わせた働き方を選べますし、正社員の時よりお給料も多いです。

組織で働くことに疲れたら一度派遣看護師も検討してみても良いのかもしれません。