看護師向け

インド変異株は危険⁉︎第5波はすぐそこ⁉︎

コロナ第4波真っ只中の今、緊急事態宣言を6月半ばまで伸ばす可能性があるという案が出ているというニュースを見ました。

4月から緊急事態宣言が発令され、徐々に対象地域が増えていますね。インドの変異ウィルスが猛威を振るっており、今後更に爆発的な感染が起こらないか懸念しているようです。

緊急事態宣言とは

今回で3回目となる”緊急事態宣言”とは何かというところからお話していきたいと思います。

緊急事態宣言とは

緊急事態宣言区域では、感染拡大の主な起点となっている飲食の場面に対する対策の更なる強化を図るとともに、従来株から英国で最初に検出された変異株にほぼ置き換わったと推定されること等を踏まえ、人の流れを抑制するための措置等を講じるなど、徹底した感染防止策に取り組む。 内閣官房ホームページ引用

様々な地域でちらほらインド変異株感染者のニュースが報道されていますね!

現在の第4波の原因が変異株と言われていることから新たなインド変異株への恐怖は当たり前なのかなと思います。

第4波の原因

実際に第4波の原因は変異ウィルス(イギリス型)であると言われています。

日本の現状を見ても、イギリス型変異ウイルスの感染力が従来型より強いことはほぼ間違いないと考えられます。急激な感染者数増大・重症例増加などをみると変異ウィルスがいかに怖いか分かります。

第4波のイギリス変異株よりインド変異株の方が感染力が強いと仮定すると今後、第5波もすぐ目の前にきているのではないかと感じます。

インド型変異株とは

世界保健機関(WHO)はインド型について、感染力が強く、ワクチンの効果を下げる疑いがあると説明している

インド変異株は、イギリス変異株よりも感染性が高く、絶滅も起こりにくい特徴があるようで、突如としてインド変異株による流行が始まることが日本でもあり得るという記事がありました。

しかし、致死率は低いようで重症化しにくいのかな〜とも思います。

現在、一般高齢者へのワクチン接種が始まっており今後ワクチン接種が進んでいきますが、ワクチンが効かない変異株の流行は更に大変になるかもしれません。

コロナウィルスの変異化が続く現在ですが、できるだけ「移らない、移さない」ように生活を心がけていきたいと思います。