日常

看護師が教える鎮痛剤の選び方/鎮痛剤にも種類があります

日頃飲む機会が多い薬ランキング1位になるのは「解熱鎮痛剤」ではないでしょうか?

解熱鎮痛剤コーナーには沢山の種類があり最初は悩みますよね。

ナースちゃん
ナースちゃん
熱が出てきついけど、どれを選んだら良いか分からない。
頭痛・腰痛・歯痛などとりあえず有名なものを飲んでます。

このような悩みを抱えている方の疑問にお答えしていきたいと思います。

解熱鎮痛剤とは

風邪で熱が出た時や喉の痛み、頭痛、生理痛等で熱を下げ、痛みを緩和してくれます。しかし、解熱鎮痛剤は病気を治す薬ではないため注意が必要です。あくまでも一時的に熱を下げ、痛みを和らげてくれる薬です。

解熱鎮痛剤とは「熱さまし・痛み止め」です

解熱鎮痛剤の種類

解熱鎮痛剤の種類は

①ロキソプロフェンナトリウム
②非ピリン系鎮痛剤
③ピリン系鎮痛剤

大きく分けて3種類あります。
それぞれ特徴についてお話ししていきます。

ロキソプロフェンナトリウム

医療用・市販薬ともにロキソニンという商品名が代表的なので知っている方も多いのではないでしょうか?ロキソプロフェンナトリウムは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)と呼ばれる医薬品の1つです。NSAIDSは鎮痛作用が強いのですが、胃や十二指腸の粘膜を減らし消化器系に負担をかけてしまうのが欠点です。

胃潰瘍や胃痛等の症状がある人がNSAIDSを飲むと胃痛などが悪化する可能性がある。最悪の場合胃潰瘍から胃穿孔などを起こす場合もある

少し値段が上がりますが、消化器に優しい成分が含まれているNSAIDSを選ぶことをオススメします!

ピリン系鎮痛剤

市販薬にはイソプロピルアンチピリンという成分が入っており、解熱鎮痛剤として使用されています。副作用で過敏症や発疹、アレルギーなどの多く見られたため徐々に使われなくなってきています。

非ピリン系鎮痛剤

ピリン系以外の鎮痛剤のことを非ピリン系鎮痛剤と言います。ピリン系鎮痛剤があまり使われなくなっているため現在の鎮痛剤の主流は非ピリン系鎮痛剤になっています。炎症を抑える作用は少ないですが、胃の負担が極めて軽いという特徴があります。

ご自身の体調に合わせて選びましょう

消化器症状の副作用がほとんどですが、ご自身の体調に合わせて鎮痛剤を選んでみてください。たかが鎮痛剤と思われますが、鎮痛剤の影響で入院・手術などの治療が必要になっている方を見てきたので、今日の内容を書かせていただきました。

解熱鎮痛剤は一時の症状を緩和するだけなので症状が持続する場合は必ず病院を受診してくださいね

ずっと続く症状に関しては、他の病気が隠れている場合がありますので病院受診も大事ですし、定期検診もとても大切です。早期発見・早期治療が何より大切です。

これからも医療の内容を発信していけるように頑張ります。